×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

のど痛みの原因

のどの痛みの原因には風邪が多いですが、花粉症などのアレルギー、ストレス、プール熱、シックハウス症候群が原因の痛みも多いのです。のどの痛みは、のど全体が痛む場合、病変部だけの痛み、飲み込むと痛いなどいろいろです。のどの痛みが耳の痛みまで伴う場合はウイルスや細菌が原因の急性炎症が多いです。高齢者に割と多い、のどを日常的に乾燥させることによってすることもあります。悪性腫瘍がのどの痛みの原因となることもあります。

風邪による のど の痛み

風邪が原因ののどの痛みは一番多いのですが、のどは花、耳とつながっているため、のどの痛みを発症すると、鼻水が出たり、耳の痛みまで伴うこともあります。風邪やインフルエンザにかかると、悪寒や発熱を伴う咽頭炎、扁桃腺、扁桃周囲炎を引き起こし、のどの痛みが出てきます。

急性咽頭炎と急性扁桃炎はのどの痛みを伴う代表的なものです扁桃腺炎では、つばを飲み込んだだけでも激しいのどの痛みを感じます。扁桃周囲膿瘍が原因ののどの痛みは食事も、水さえも飲めないようなのどの痛みを伴います。のどの痛みは風邪の初期症状で出ることが多く、風邪とは気付かない場合も多いようです。

風邪によるのどの痛みを早くとるには、安静と加湿が必要で、細菌・ウイルスが原因の風邪、インフルエンザでは抗菌剤を服用します。のどの痛みを和らげるには冷たい物を飲んだり、のどを冷やしたりするとよいです。のどの痛みの怖さは「たけしの本当は怖い家庭の医学」でも紹介されていましたね。

花粉症によるのどの痛み

花粉症が原因の痛みも結構多いのです。花粉症で鼻が詰まると、口で呼吸をしなければならなくなり、口が渇き粘膜を痛めて、のどの痛みを発症します。また、花粉症になると、鼻水がのどに流れ落ち、のどや気管支に炎症を起こし、のどの痛みを発症するケースもあります。

花粉症とはスギ、ヒノキ、ヨモギ、ブタクサなどの植物の花粉が原因になって、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状です。花粉症は花粉が原因(抗原)の他、ハウスダストやダニ、食べ物が原因のアレルギー症状もあります。私達の体内には外部から侵入する異物や細菌、ウイルスを排除しようとする免疫システムがあります。

花粉症などのアレルギーは免疫の過剰反応によって引き起こされます。体内の免疫システムは一般的に体に有害なものに働きます。花粉自体は無害ですが、体内の免疫が花粉に過剰反応して、炎症や充血などのアレルギー症状が現れてしまうのです。